>  > バックの締め付けが厳しい

バックの締め付けが厳しい

ソープ嬢とのプレイの真っ最中です。感じているのかいないのか、控えめな声で鳴いてくれます。私としては、あまりにも大きな声で鳴かれると、思わず「演技なんじゃないの?」なんて思ってしまいますので、この女の子の控えめな鳴き声が丁度良い感じで本気度を感じさせてくれます。上下を交代して今度は女の子が私のボディを舐めてくれて、たっぷりとフェラチオをしてくれた後に、「そろそろ入れる?」なんて聞いてきたので、「うん」と答えると、女の子がコンドームを装着してくれました。最初は騎乗位での合体を楽しんだ後、正常位に移ると、逝きそうになってしまったので、次はバックでゆっくり楽しもうと思ったのですが、バックになってから、さらにおまんこの締め付けが厳しくなったので数回のピストンで我慢できずに、思わず絶頂を迎えてしまいしました。女の子がコンドームを取った後にティッシュで拭いてくれます。ちょっとしたインターバルの後、第二回戦が始まります。

[ 2015-08-22 ]

カテゴリ: ソープ体験談